contents

長野県北安曇郡小谷村 大網集落。
冬には、人の背も超える雪が降り積もる特別豪雪地帯であり、四方を山に囲まれ、昔のままの自然環境も多く残っている山間の村。住民70人ほどのうち45人が70歳以上のお年寄りが占める限界集落ですが、残りの住民は働き盛りの若者たち。その多くは、ここ大網の魅力に引き寄せられた県外からの移住者やUターン者たちです。

大綱は、人が無くしちゃいけない大切なものを教えてくれる。それははっきり言葉にできるほど簡単なものでもなく、この大自然と、ここで暮らすおじいちゃんおばあちゃん、この土地での日々の暮らしに触れることで、じんわりと心をに響いてくるもの。

『くらして』は、そんな大網で暮らす人たちのあたたかな人柄に魅了され、移り住んだ2家族のグループです。この土地での「暮らし」によって培われていった知恵や文化、山仕事や農業を、ここに住み、伝統を守り、次の世代へ伝えていく活動をしています。

そんな『くらして』の活動を通し、生きていくのに大切なことを見つけていきたいと思います。

第一回目は、『くらして』をご紹介します!

1、『くらして』の活動

『くらして』は、北村家の北村健一さん(ナベさん)、綾香さんと前田家の前田浩一さん(まえっち)、聡子さん(さっこさん)の4人のチーム名。会社でもなく、NPOでもない。同じ思いを持った家族の共同体です。

大網のおじいちゃんおばあちゃんたちに「暮らし」の手仕事を学びながら、受け継ぎ、伝えていくことがチームの大きな活動で、田植えや畑、村の行事などはみんなで行います。また、ナベさんは山仕事と猟と炭焼き、綾香さんは栃餅づくり、まえっちは炭焼きと大網の案内人、さっこさんは活動発信と、得意分野活かした仕事もしています。

さっこさん:ここに訪れるきっかけを作るのが私のしごと。インターネットやSNSで発信もするけど、基本的には自分の足で直感的に動く。気になる人やところへ、実際に会いにいって繋がりを作っていく。なんとなくフォーメーションとしては、わたしが先頭に立っていろんな扉を開けていって、ナベちゃんとあやかがそこを耕して、最後にまえっちがキレイにしていく 笑。大網のおじいちゃんおばあちゃんたちには、とっても偉大なサポーターとして支えてもらっている感じかな。

栃餅づくり、田植えや山仕事、猟など、今ここでしか体験できないイベントを通して、大網での暮らしに触れてもらう。もちろん、『くらして』のメンバー以外に、地元の人たちの人柄に触れ、繋がってもらいたい。4人か話す言葉の中には、度々「地元のおじいちゃんおばあちゃん」が出てきます。

綾香さん:ここに来て、一番大切にしたいなぁと思っていたのは、大網の人の暖かさと、人と人との繋がりです。それにずっと自分が助けられていたことなので、感じてきたことを子供達にも伝えて残して生きたいと思っています。

また、運営している『土のいえ』では宿泊もできます。みんなで山へ冒険に行ったあと、伝統食の笹寿司を作って食事したり、地元のおじいちゃんに森や動物の話を聞いたり、みんなで「暮らし」について語り合う、そんなゆっくりとした時間を過ごすスペースです。田舎の親戚の家へ遊びに行ったような、そんな家。また、大綱のイベントスペースとして使われたりと、人と人とを繋ぐ大事な拠点となっています。

2、『くらして』のはじまり

大網で暮らした4人に同じような思いが芽生え、これからここでどんな暮らしを送っていきたいか、どんな風に生きていきたいかを土のいえに集まり、話し合っていたのが、『くらして』の始まりでした。

『くらして』が、最初に大網で暮らすきっかけとなったのが、(公財)日本アウトワード・バウンド協会(OBS)の長野校。イギリスで開設され、今では250の拠点を持つ非営利冒険教育機関です。大自然の中で行う冒険的体験から、自己の可能性を引き出し、高めていくためのプログラムを実施している学校です。

綾香さんは、大網に来てから5年間OBSで働き、地元のおじいちゃんおばあちゃんは、娘のようにかわいがってもらったと言います。右の左もわからないような暮らしの中で、ご飯をこしらえてもらったり、野菜をくれたり。その後、少し大綱を離れていた時期に「田んぼ仕事が大変だから、ちょっと手伝ってくれないか」という連絡をもらい、少しずつ頼られるようになってきて、その頃から何か自分にもできることあるのかなって思い始めてた。ナベさんと一緒に生きる場所はどんな場所がいいのか話し合いながら、村にあった今の家に辿り着いたことが、大網に戻るきっかけになった。

ナベさん:OBS卒業してからは、いろんな旅をした後、林業の会社で10年くらい働いて。仕事柄やっぱりね、生活の場として、こういうところがいいなぁと思ってた。OBSで勉強したことは人生の中ですごく大きかったので、そこの足元で住みたい部分もあったかな。そんな風に考えた時にちょうどタイミングよく家が空いて、声かけてもらえて。「じゃあもう行こう!」って。俺も綾香もね。

まえっちは、OBSに勤め始めた2000年からずっと大網で暮らしています。OBSの仕事が好きで、いい仲間と一緒に過ごす時間はかけがいのないものだったそう。

まえっち:でも、ずっとここで暮らしてると、だんだんここの暮らしが居心地よくなって来て・・・地元の人や大網そのものに興味を持ち出して。でもOBSに勤めてると、例えばお祭りとか、村普請とか、運動会っていうのにほとんど出れないかった。もっとお祭り見たいなぁとか、村の作業にも関わりたいなぁとか思うことが増えてきてた。

ここの暮らしや人の居心地の良さに触れて、いつかいなくなってしまうかもしれない「OBSの人」ではなく、「前田さん」として村そのものに関わっていきたいという思いが強くなってきたころ、北村家が大網に戻ってきました。

まえっち:その頃は、4人でもう毎晩のように集まっては一緒に晩御飯を食べて、これからどうやってここで暮らしていきたいか、生きていきたいか、とか話してた。何を大切にしているかとか、していきたいかとか。とりあえず頭に思い浮かんだものを出していくっていう、そういうブレストみたいな作業もやったりしてた。

「暮らし」のこと、山や自然の環境、おじいちゃんやおばあちゃん、山仕事や栃餅、食や農業、これからの福祉や子育てなど、大網のある無くしたくないものを受け継ぎ、村と繋がって、ずっと変わらずこの場所を守っていこう。ここの暮らしてになろう。大網で暮らした時間が教えてくれたことは、生きていく上でとても大切なものであることを再確認した時間だったのではと思います。

こうして結成された『くらして』の名前には、いろんな思いが込められています。

さっこ:くらしてには、働き手とか担い手の手と同じ、暮らしをする人、暮らし手。っていう意味も含めて、「こういう場所に暮らして」とか、誰かに「こういう場所で暮らして!」ってこうお願いするような、そんな風にも聞こえるかなって。

3、これからの『くらして』

活動5年目を迎え、これからどんなことをしていきたいか、伺ってみました。

綾香さん:この大網の暮らしそのものが人を元気にする力があると思うので、これからもいろんな人に経験しに来て欲しい。自分たちだけでなく、人との綱がりをすごく大切にしている人たちと一緒に何かをやる喜びを共有して、楽しんで大網の暮らしをもっと伝えていけたらいいなって。あとは、子育て真っ最中なので、しばらく子育ても楽しみたいなぁ。子供はすぐ育っちゃうからね。あっという間に。

さっこさん:始めたころは自分たちがやっていることは、日本を良くしていくことに繋がっているんだって、とても大きく捉えていたりしてた気がする。でも、自分たちがやれることをちゃんとやっていけば、それが自然に広がっていくことで、元気に暮らしていける人が増えていくんじゃないかっていう風に、今は感じてる。こういう場所で生きてくことが今の社会で可能になっていくような日本になっていけば、子供も大人も、みんな元気と生きていける社会になっていくんじゃないかなぁ。思いを共有できる仲間をもっと見つけたいし、増えてくといいなって思う。

大網のおじいちゃんおばあちゃんから習った言葉に「夏かんじき冬まぐわ」という言葉があります。備える季節に準備して、使う季節を迎えるという意味です。春になれば薪を作り、夏にはかんじきを作り、冬には田畑の準備のために馬鍬の手入れをする。季節が巡る度に少しずつ道具を整えながら、本番を迎える。
だから、畑であっても田んぼであっても、夏も冬もどんな季節でも、暮らしの中には休んでる時間はありません。次の暮らしに備えてること、それも大切な暮らしの知恵から生まれた手仕事です。

暮らしと寄り添い、季節を感じ、山や川と共に生きる暮らし、そんな『くらして』のみなさんの活動を、季節が巡るの度に、これからも追い続けたいと思います。

Share On